ほぼ使わなかった1万円のモノを捨てることが出来ました!



本日の1日1捨426【ほとんど使わなかった1万円のモノを捨てた話】
老眼眼鏡

50代になると、老眼という未知の領域に踏み込み

急に、見えずらくなってきました。

2年ぐらい前に作った

パソコン用に買った近くのモノを見る用の眼鏡。

ブルーライトカットに

目が小さくならないように非球面レンズを入れて

たぶん1万円ぐらいかかったかと思います。

老眼になる前に普段使っていた

近視用の眼鏡に慣れているせいか

近くだけしかピントが合わないと

非常にイライラして結局ほとんどつけずに

そのままでした。

最近、仕事でもかけられるビジネス用の眼鏡を作りました。

仕事の時は、使い捨てコンタクトですが

目が弱くてコンタクトを無理に合わせているので

負担になってきているので。

手持ちは、度はもう合っていませんが

まぁ他に使えるのが2本。

壊れたり、地震などの時用に枕もとに置きたいなど

予備として持っておきたいかなと。

眼鏡の定数は3本かな。
IMG_20200515_123936


★使っていない1万円のモノを捨てることができるか?

ほぼ使っていない1万のモノを捨てるって

すごい勇気がいります。

なんでだろ?もったいない?

1万円をそのまま捨てる感じなんでしょうか?

でも、ようやく捨てることが出来たのです。

ほとんど使っていない約1万円した眼鏡。

他の1万円のモノだったら売ったりして

1万円もした!という気持ちを解消できたかもしれませんが

さすがに眼鏡は・・・。

昔だったら、高かったから、無理してパソコンに使うつもりで

いつまでも持っていたかもしれません。


で、ようやく、これはストレスなので捨てよう

たくさん捨てた体験があるから思えました。

目の老化がくる年齢なので

これは失敗ではなくぴったりのモノに出会う

過程のひとつなのだと

思えるようになりました。


遠近両用がいいよと言われたので

また作る機会があったら

次はチャレンジしようと思っています。

9割の老眼は自分で治せる (中経の文庫)
日比野 佐和子
KADOKAWA
2015-03-02




youtubuデビューしました。

読んでいる方のなにがしかの

ヒントになれば幸いです。

早くコロナが終息しますように。

そして、この自宅待機の間

コロナに負けずに

多くの人が少しでも

心と体の健やかさを保てますように。

※2020年1月1日からカウントしています。
 1日1捨で人生大変化中!

★汚部屋脱出まではじめから読む

★やっこ流一日一捨の効果とやり方 まとめ

★Twitterはじめました。


本日も読んでいただいてありがとうございます!感謝です。

↓読んだよ!というお知らせに

バナーをクリックで

応援いただければブログ更新の励みになります♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ